Menu

開設者 故 日野原重明

この財団は、故日野原重明先生によって1973年に立ち上げられましたが、それは「各個人に健康の維持と増進における主体性を自覚させ、薬に頼りすぎず、よい生活環境(自然・家庭・社会)の中に生涯を通じて、心とからだの健康生活の設計を立てることを援助し、そして、その実現への道をひらく」ことを目指すものでありました。

私たち医療チームは、これまで聖路加国際病院の協力施設として長年に渡り予防医療と健康教育に重点をおいた事業を行なってまいりましたが、今後も皆様のご家族や事業所、そして地域社会の集団のために、精度の高い早期診断と健康評価を行い、併せて予防的生活習慣の実践のための指導を行ない、さらに「健診による病気づくり」を極力排除しつつ、斬新で、効果的な「健診システム」を開発してまいります。

このクリニックが、引き続き受診される皆様方の健康の維持・増進にご奉仕できれば幸いに存じます。

理事長 道場 信孝

所長 久代 登志男

私は、土肥 豊 前所長の後任として平成26年4月に聖路加国際病院連携施設 日野原記念クリニック(ライフ・プランニング・センター)の所長に就任致しました。それまでは日本大学医学部総合健診センターに勤務しておりましたが、健診の分野で継続して受診者のためにお役に立つことができればと思っております。
当クリニックの特徴は、開設者 日野原 重明の健康観を健診を通じて具現化することを大切な目標にしていることです。健診は画一的になり易いですが、個々の受診者の状況に応じた検査結果の解釈と問題解決のためのプランを提案するよう努めております。必要であれば聖路加国際病院をはじめ問題解決のために最適な施設をご紹介致します。健診の目的は、将来の健康に障害をもたらす可能性がある問題を発見し、解決するための最善のアドバイスを通じて受診者の健康増進を支援することです。今、どのような健診がその目的達成のために適しているかが問われています。クリニックでは、スタッフ全員がより良い健診を目指して努力しております。